ダイエット・筋トレ

筋肉女子は男ウケしない?本当の理由とは…

いまは女性も体を鍛える時代。

ダイエットを兼ねて体を鍛えている女子もいますし、その延長線上で筋肉に魅了された女性も…アスリートもいます。

テレビなどのメディアで登場する「筋肉女子」はダイエットではなく筋トレ、ややボディビル的な感じが強いですよね。相当ストイックな生活習慣が身についていそうです。

筋肉女子まで目指すべきか?

インスタやテレビで取り上げられることもある筋肉女子、美しい筋肉をキープすれば、代謝がよく太りづらい肉体が手に入るのは確かです。

有酸素運動も絡めてやれば痩せるための効率もアップしますし、さらに食事を改善できればパーフェクトな肉体改造が目指せます。

  1. 筋トレ
  2. ジョギングや水泳などの有酸素運動
  3. 食事メニューの工夫

美しいボディラインを作るには欠かせないのがこれら3つの要素です。もちろん才能とかは関係なく、同じ人間で体の仕組みは同じなので、同じようにトレーニングすれば美しい身体を目指せます。

筋トレ後のアミノ酸は超大切

筋トレをした後には、しっかりタンパク質(アミノ酸)を補給しないともったいないです。プロテインに抵抗があるならHMBサプリなどでOK。

男女問わず、HMB系のサプリはかなり人気があります。プロテインを作る必要もなく、ただ数錠だけ薬のように水で飲むだけ。

とにかく大事なのは正しい筋トレ後にアミノ酸を摂取すること!

これは男女関係なく、真理です。

自己流の筋トレは効率悪いかも

本格的にキレイな筋肉をつけてボディラインを改造したいなら、正しい筋トレを学ばなければいけません。

たしかにネットや本とかで調べても学べますが、第三者いた方が正しい方法でできているのかチェックができます。

自己流がダメとは言いませんが、同じ筋トレをするにも隣りにトレーナーがついて体の動きを完璧にみながら行う筋トレとは比べものになりません。

コストはかかりますが何よりも時間を大幅に短縮できます。

目標はアブクラックス!男性は必須

「アブクラックス」とは、アブ(腹筋)をクラック(割る)することを指します。

  • アブドミナルマッスル(腹筋)
  • クラック(割る)

この2つの英単語が組み合わせたワードです。

※シックスパックみたいに6つに腹筋を割るのではなく腹直筋という「お腹の中心にある筋肉」を1本のラインで割ることを意味します。

体質的な面もあり鍛えても全員がアブクラックできるとは限りませんが、綺麗な腹筋のラインを作るには目指すべき状態です。

男性もバキバキに腹筋を割るのではなくソフトな感じで割れていると印象も良いですよ。

筋肉女子はモテない?本当の理由とは

男性は、ゴツゴツした身体よりもふっくらした触り心地の女の子を好みます。

ムキムキや細くてガリガリの女性よりもぽっちゃりした女子がタイプの男性の方が多いでしょう。もちろん全てのメンズに当てはまるわけではありませんよ。

それに、自分の身体に徹底的にストイックだと他のものごとにも厳しい印象は与えてしまいがち。

モテボディには限度がある

ぽっちゃりが好きっていう男子も自分の体重の2倍もある女性は嫌ですよね^^;

ぽっちゃりの基準も人それぞれだったり、結局痩せている女子と付き合う場合だってあります…。

体もガンガン鍛えてムキムキになると、普通の男子からは敬遠されるかも。

でもその代わり、鍛えた身体の女性が好きな男性(トレーナーさんとか?)からは絶対にモテるでしょうけどね。

要はその人のタイプ次第だってことですね^^

男ウケしない理由はその人自身に問題がある場合もありますが、要は好みの問題だったりもするので筋肉女子=モテないというわけではないでしょう

もし筋肉女子になりたいならプライベートジムへ

なんでダイエットジムやプライベートジムが増えているのか…

それは最も効率的なテクニックを学びたいからですよね。時間を少しでもムダにしたくないし、自分一人の力では長続きしない人がほとんどでしょう。

  • せっかくの休みは家でダラダラしがち
  • ジョギングすると言ってもなかなかスタートできない
  • いつまでに身体を作らなきゃいけない理由がある

共通するのは意志の弱さに負けてしまうのが大きな理由でしょうね。

継続のためにはやはりマンツーマンで専属のトレーナーさんをつけたほうがいいでしょう。実際にお金を払った方が自分にプレッシャーもかかるので丁度いいです。

(誰もが自力じゃなくてプロが教えてくれるならそれに頼りたいのではないでしょうか)

筋トレは誰でも手軽にできますが、負荷のかけ方や身体の角度など第三者が観てしっかりコントロールしてもらうことが大事です。